居宅介護支援事業所

 

 

突然「介護」と向きあうことになったとき。

何から始める?

誰に相談する?

わからないことだらけでご不安ではありませんか?

 

居宅介護支援事業所は、そんな皆さんの

お力になるための窓口です。

 

料金はかかりません。

介護と向きあうことになったら、まずご相談

ください。

 

これからの生活を、一緒に考えていきましょう。

 

居宅介護支援事業所とは

居宅介護支援事業所とは、介護支援専門員(ケアマネージャー)が、要介護認定された利用者様やそのご家族様の希望される介護サービスを実現できるよう、事業者や介護施設等との橋渡し役となり、事業所です。

 

【ケアマネージャーの仕事】

・ご利用者様に合った居宅サービス計画(ケアプラン)を作成

・ケアプランに沿ってご希望の居宅サービスの提供が確保されるよう事業者等と連絡調整

・施設への入所をご希望の場合、介護保険施設への紹介等を行う

・介護保険申請の代行

・サービス提供後も、必要に応じてケアプランの見直しを行う

 

これらの相談や介護サービスの計画作成等には、利用者の負担する費用は発生しません。

 

ただし、居宅介護支援サービスを受けるには、要介護1以上の認定を受けていることが条件です。

介護サービスを受けるまで

要介護認定を受けたら…

①ケアマネージャーの選定

市区町村の介護保険課や、地域包括支援センターにまず相談しましょう。

【選定のポイント】

・ご自宅から近い事業所を選ぶ。

・「特定事業所加算」を受けている事業所を選ぶ。

・相性の良いケアマネージャーを選ぶ。(ケアマネージャーは何度でも変更できます)

 

②ケアマネージャーと相談・ケアプランを作成

電話や訪問で、今度どのような介護サービスを受けることが、利用者様やご家族様にとって一番いいのか、ケアマネージャーが専門知識を駆使して最適なプランを提供します。

 

③サービス担当者による会議

ケアプランが決まったら、ケアマネージャーが指定の事業所等と連絡を取り、調整し、ケアマネージャーと利用者様、関係事業者が集まり、サービス計画について会議を行い、調整します。

 

④サービス開始

各介護保険サービスが開始します。

最低月1回の定期訪問をさせていただき、状況の確認をさせていただきます。